健康

身体を温めるということ

身体を温める行為はとても人間にとって良いことです。それは免疫力を上げてくれて外敵から身体を守ってくれるからです。病気を予防する観点からも免疫力を上げるのが一番良いことなのです。

体温が35度台の人は低体温と呼ばれ、免疫力が低く血流も悪いため毛細血管の血流が滞り新陳代謝も悪いので老廃物が排出されにくく病気になる可能性が高くなります。なぜなら健康な人の体温は36.5度以上あると言われ免疫細胞が正常に働ける体温は36.5度です。そこから体温が1℃上がると最大5~6倍も免疫力が上がると言われ、逆に1℃下がると免疫力が30%下がると言われています。(健康に関する書籍からの引用)

「身体を温める」簡単なようで難しいことなのかもしれません。

温める行為をしようとすると動かずじっとしていなくてはなりません。長時間、習慣的に温める行為をするのは難しいものです。

日常生活で身体を温める行為としては、まずはじめに思いつくのがお風呂に入ることです。あとはコタツに入る、ストーブにあたる、カイロを貼るなど、自然にできるものとして日光浴です。

日光浴とお風呂はとても気持ちが良いものです。日光浴は自然によって影響を受ける場合があるので、お風呂が一番良くリラックスできます。ですが長時間、お風呂に入っているのも難しいものです。

動かず長時間が苦痛にならない行為として睡眠があります。睡眠中に身体を温めるこれが一番良いのではないでしょうか?

免疫力を維持する為にも冬場は身体を温める夏場は身体を冷やし過ぎないを意識してみてください。

投稿者

fukurou.fuku29@gmail.com
ふくろうの健康長寿日記を書いているのは健康商品の開発・販売をするショップ、健康ショップふくろうのサイトの管理者です。 健康ショップふくろうでは、人生100年以上健康寿命100歳を目標に掲げて健康商品の開発・販売・サポートをしています。 健康ショップふくろうでは、健康でいるためには予防が一番だと考え、免疫力の向上・強化・維持が最も大切だと考えています。 免疫力で大切なのは体温です。体温を最低でも36.5度以上保つことです。免疫力の向上・強化・維持のために、冬場は身体を温めて夏場は身体を冷やさないテーマにしています。 ぜひ、健康ショップふくろうのサイトを訪ねてみてください。 https://www.healing-salon-fukurou.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ラジウム

2022年4月29日